第15回大会については、大会長を務める情報通信研究機構脳情報通信融合研究センター(CiNet)平島雅也先生 をはじめ、 理事会メンバー一同、オンサイト開催の可能性を検討して参りましたが、 まだ一部の都府県で緊急事態宣言が続いていることから、 誠に残念ながら通常開催を断念し、オンラインでの開催を決定いたしました。

ただ、オンライン開催とはいっても、オンサイトで実施するのと同等またはそれ以上のプログラムを用意し、 ただ聞くだけでなく参加型のオンラインイベントになるよう工夫を凝らす予定です。 具体的には、互いの研究内容の理解を深めるために、ポスター発表時間を従来よりも増やし、 また、一般演題として従来のフラッシュトーク(1分程度)だけではなく、 厳選した演題をセレクトトーク(15分程度)として質疑応答も含めて行う予定です。 さらに、従来の若手奨励賞に加えて、研究会発足当時に行っていた参加者全員の投票によって決まるベストプレゼンテーション賞を復活させる予定です。 会員による研究発表をより深く知ってもらう機会を提供できればと考えておりますので、最新の研究成果を奮ってご発表くださいますようお願い申し上げます。


Last-modified: 2021-06-07 (月) 16:04:44